TOP 子連れで国内旅行2006 大阪~九州旅行No.1 < No.2

2008年 大阪~九州旅行
(8/2~8/7) NO.2

8月4日

今日は福岡から長崎まで。

まずはハウステンボスへ向かいます。
雷雨やら事故渋滞やらで10時頃到着。



前日にローソンでハウステンボスの前売り券を購入。
「期間限定夏休みファミリーチケット」
大人2名+お子様(4歳~高校生)2名の入場券で
6400円なり。

混み具合など見て、
中でアトラクション乗り放題のパスカードを買うかどうするか検討。

5個以上アトラクションに入れば、
パスカード1人2400円を買った方がお得らしい。

場内も混んでないし買うことにして、
通常でパスポートを買うより結局3000円お得でした。
入場券6400円+パスカード2400円×4=
合計16000円
(パスポート購入の場合19000円)







あまり人はいません。
パスカードを買って正解!
次々アトラクションに入れます。

・・・というか、とにかく暑いので、
アトラクションに入って涼まないと・・・。


ホライゾン・アドベンチャー・プラス

アジア系のツアー客の団体さんを結構見かけます。
日本人よりも多いかも。


ハウステンボスIFXシアター Kirara(キララ)


スーパートリックアート

一番家族でウケタのが
グランオデッセイ」o(^▽^)o

自分の顔がCGで加工されて
ストーリーの登場人物になって出てくるので、おっかしい!

最初にひとりひとり顔をスキャンするので時間がかかるけど、
USJでもTDRでもこういうタイプのアトラクションはないので、
楽しかったです。



敷地が広く、その上暑いし、やたらと喉が渇きます。

帰る頃になってパスカードで
園内の循環バスに乗れる
ことに気がつきました。
(-_-;)

花火の為か日中は暑いからか、
夕方になってお客さんが増えてきました。
ムーンライトチケット(17:00以降)というのがあるみたい。

ハウステンボスを後に、一路長崎へ。

ほんとは夜のライトアップしたハウステンボスや
花火なんか見られたらよかったんだけど、
ハウステンボスから長崎までは約80km。

先を急ぐことにしました。

ホテルへチェックイン後、近くの中華街へ。



晩ご飯は「江山楼」で
長崎ちゃんぽん・皿うどん。
チャーハンとエビチリ美味しかったぁ!(^¬^)

ちゃんぽんは写真を撮るのを忘れて食べてしまったので、
写真ナシです・・・。




夜は稲佐山からの夜景を見に出かけたのですが、
道に迷ってしまい時間もなくなってあえなく断念。(T◇T)

今回の旅行一番の失敗!
|||(-_-;)||||||

日本三大夜景(らしい)のひとつ、
長崎の夜景を見たかったなぁ~。
(残りのふたつは、函館の夜景・六甲からの神戸の夜景)

本日の宿泊

ホリデイ・イン長崎

「ご家族お友達で最上階(10階)
広々デラックスラグジュアリーツインルームに
エキストラベッド2台ご準備プラン」
1室18000円-じゃらんnetポイント1800P=
合計16,200円





8月5日

今日は長崎から大分の湯布院へ。

午前中は長崎市内観光。

まずは大浦天主堂へ。
大人300円・小人100円

教会内のステンドグラスが美しかったのですが、
写真撮影は禁止。


グラバー園




出島資料館




最後に浦上天主堂を車内から見て、
昼過ぎに湯布院へ向けて長崎を出発。



ホテルチェックイン後、湯の坪横丁の方へ散策。

時間がなく途中でUターン。
金鱗湖までは行けませんでした




趣のあるお土産屋さんが道の両側に並んでいる通りです。
この通りを金鱗湖方面へ歩いて行くと
湯の坪横丁」というお土産屋さんが集まった一角があります。



由布岳です。
残念ながら頂上が雲に隠れてしまっています。

ホテルでの夕食
左が大人用・右がお子様用。
他にも大人用にはタコしゃぶ、
お子様には牛肉の鉄板焼きなど付きます。



【本日の宿泊】

ゆふいん山水館
夏祭り ザ・ミニ縁日プラン
(ウェルカムドリンク・お子様にミニ縁日付き)
大人:12000円×3人=36000円
小学生:7500円×1人=7500円
合計43,500円-じゃらんnetポイント1700P使用=
合計41,800円





8月6日今日は湯布院から香川県の高松へ。
途中、九州から船に乗って四国へ渡ります。

佐賀関港10時発のフェリーに間に合うように
8時過ぎにチェックアウト。

10分前に到着!
ヽ(´▽`;)/=3
駆け込み乗船で何とか間に合いました。

70分の船旅の後、愛媛県三崎港に到着。

国道九四フェリー
車5m未満8460円(運転手1人分含む)
大人1040円・小人1人520円


お昼は途中の道の駅「ふたみ」のレストラン夕浜館で。

ここの夕日丼がムッチャ美味しかった!(^¬^)

ご飯の中央に卵の黄身。
その周りに薄切りの鯛のお刺身が並べてあります。
ネギとシソと海苔がかかっていて、
こちらのマスター特製のタレで頂きます。
タレがなかなか真似できないお味なのですが、
我が家の定番になりそうです。



高松へ行く途中、松山の道後温泉本館へ。
大人400円・小人150円。

一番安い入浴料のお風呂に入りました。
一番高い入浴料2000円のは、
全部のお風呂に入れて、休憩とかもできるみたい。

それにしても真夏の温泉は暑かったぁ!
クーラーはなくて扇風機だけだし。
出た後、体がぽかぽかで余計に汗が・・・。

道後温泉本館は
映画「千と千尋の神隠し」に登場する
「油屋」のモデルのひとつらしい。
言われてみればそんな感じで、とても風情がある建物です。







坊ちゃん団子を購入して高松へ。
渋いお茶と一緒に頂くのがよろしいようで。
ちっちゃいんだけど、1本食べたら私は充分かな?

晩ご飯 やきとり酒房 まるいち
この日の晩ご飯はこれといって考えてなくって、
偶然入ったお店なんですが美味しかったです!(^¬^)

【本日の宿泊】

スーパーホテル 高松・田町
ツイン6,980円×2=13,960円(朝食付)





8月7日

旅行最終日の今日はこれといって寄るところもなく、
夕方の子供の塾に間に合うように大阪へ。

途中で寄った淡路南PAの「芋きん」が、これまたウマ~♪(^¬^)


鳴門大橋


明石海峡大橋

今回移動距離が長かったので、
急ぎ足での観光でしたが、
あちらこちら見ることができて、
美味しいものも色々食べることができ、
楽しかったです!


  


キャンプ  国内旅行  海外旅行 おでかけ スキー リンク集