TOP子連れで海外旅行2011ドイツ旅行No.1
                  < No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8

ドイツ旅行
2011.07.29~8.06

3日目 7月31日(日)

【本日の予定】
ハイデルベルク~古城街道~
グッテンベルク城(鷹のショーの見学)~ローテンブルク


朝食はホテルのバイキング
自分でワッフルを焼いたりもできて、
昨日のホテルより朝食のメニューは良かったです。





ハイデルベルクから、
ネッカー川沿いの「古城街道」を通って、ローテンブルクへ。

古城街道はドイツの東西を結び、
チェコの「プラハ」まで通じる全長1000kmの街道で、
街道沿いに建つお城の数は70以上あるそうです。



途中ワインを買いに「ホルンベルク城」へ寄り道。

試飲ができるので試飲させてもらったのですが、
ここの併設するレストランで飲むならOKで、
残念ながら持ち帰りはダメとのこと。




ドイツで有名な「鉄腕ゲッツ」と言う騎士の鎧だそうです。


その後「グッテンベルク城」へ鷹のショーの見学に。


最初はお城や教会の見学も物珍しく、
子供達も「すご~い」と思うでしょうけど、
そればかりでは子供は飽きてくるかと思い、
何か楽しめるものはないかと探しましたら
このようなショーをやってるお城を見つけて、
旅行の予定に入れました。

うちの子は動物が好きなので、
旅行先では動物園や水族館やらもルートに入れることが多いです。

ガイドさんに予約をして頂いてたので、
一番最前列の席で見ることができました。(^0^)



ショーは1日2回 11時と15時にあります。

今までに神戸花鳥園富士花鳥園でも
ふくろうや鷹のショーを見ましたが、
ショーをする鳥の種類や、ショーをする場内の規模が違います。

ただドイツ語で説明されるので
他の観客の方と一緒に笑えませんが・・・(^^;)

ガイドさんが通訳して下さったので、その点良かったです。






可愛いしカッコイイのですが、猛禽類と言うことで、
ご褒美の餌が・・・ちょっとグロテスクで・・・。
(^^;)



この格好でヒョコヒョコ歩いてくるハゲワシ。
とっても愛嬌がある姿なのですが、一番怖いそうで
「絶対に手を出さないで下さい!指が無くなります!」
・・・だそうです。

ここのお城では猛禽類の
繁殖・飼育・研究などを行っているそうです。




ショーに出演した以外の鳥さんもいます。

ショーの見学後、また車に乗って1時間半ほど。
いよいよローテンブルクへ到着です。

ここの橋は某車会社のCM(youtubeより)
Jリーガーの稲本選手が車で走った道だと
ガイドさんがおっしゃってられたので探してみました。



お昼はローテンブルクの街中にあるお店で、ホットドッグとカフェオレ。

「コーヒー」はドイツ語で「Kaffee」
これはわかりやすい(^-^)

「ミルク」は「Milch」なので、
「カフェオレ」は「MilchKaffee(ミルヒカフェ)」になります。



昼食後、街の中を散策。どこを見ても絵になります。

・・・が、相変わらずの曇り空。
青空ならもっと写真もキレイだろうになぁ。
(雨が降らないだけマシだけど・・・)


市庁舎とマルクト広場。

ドイツでは街の中心となる「マルクト広場」には、
「噴水」と「教会」と「市庁舎」だったかな・・・?
があるそうです。

「Markt(マルクト)」は
英語では「Market(マーケット)」の意味。
露店が出たりしています。

ドイツに行く前色々と地図を調べてて、
どこの街を見ても「マルクト広場」があるので、
不思議に思ってました。納得です。(^0^)



どこのお店も、窓辺のお花や看板が可愛いです。



ローテンブルクの紹介写真などに良く使われる場所
「プレーンライン」です。

坂の上は「ジーバース塔」








ローテンブルクの名物お菓子「Schneeball(シュネーバル)」
英語では「snow ball」 雪の玉ですね。

もうすぐ晩御飯だし
小さいサイズ(1.8ユーロ)を買って娘とわけっこしました。

私はプレーンが良かったのだけれど、
娘はホワイトチョコでコーティングされて、
さらにミルクチョコがかかってるのがいい!と言ったので・・・。
美味しいけど甘かったです・・・(^^;)



1年中クリスマスグッズを売ってるお店
「ケーテ・ウォルファルト」本店
店内は撮影禁止なので入り口の写真だけ。

店内のディスプレイも素敵で、
それはそれは可愛いクリスマスグッズやらでいっぱい!
公式HP:http://www.wohlfahrt.com/

日曜日はお土産屋さんなど
お休みが多いそうですが開いてましたo(^0^)o



さてこちらが本日宿泊する
ホテル アイゼンフット (Hotel Eisenhut)
<ホテルアイゼンフート 口コミ情報>

クリスマスのお店のお隣が本館で、
道路を挟んで真向かいが別館。
私達は別館の方に宿泊しました。

ローテンブルクは城壁に囲まれた街で、
ホテルは城壁内にするか城壁外にするか悩みましたが、
城壁内なら子供だけでお土産屋さんにプラッと買い物に出かけても、
「城壁から出たらダメ」と言っておけば迷わないだろうし・・・と思い、
城壁内で探しました。

また城壁内でも端の方のホテルだと、
反対側の城壁まで行ってしまうと帰るのに時間がかかるし、
城壁内の中央あたりで探したのが、
高齢の母や子連れだと正解だったかなと思います。


本館フロント
こちらのホテルは4つの建物からなるらしく、
このうちの3つは16世紀に建てられたものだそうです。


別館の1階ロビー

歴史が感じられる調度品などたくさん。



別館の階段とエレベーターホール

本日宿泊のトリプルのお部屋。メルヘンチックで可愛い。(*^^*)
でもエキストラベッドの幅が細~い (+_+)



今回の旅行では歴史のある古いホテルに泊まってますが、
改装されてるんでしょうけど、どこもバスルームは近代的でキレイ。


こちらは主人が泊まった部屋。
ドアを開けたら、いきなりドア!
寒さ対策なのか騒音対策なのか・・・(^^;)

旅行3日目の夕食は、
日本食レストラン「ルーブル」で。

以前ネットで検索して見つけてたのですが、
閉店になったようでして・・・。

でもまた再開されてました(2011.08.01現在)


日本語でメニューを見れるのが嬉しい・・・(*^^*)

グアムでもそうでしたが日本食屋さんは、
ごく普通のものでも結構いいお値段がしますが、
ここは日本とかわらない良心的なお値段。

唐揚げ定食やハンバーグ定食など注文。
まだ3日目なのに懐かしい感じ。




明日はローテンブルグ観光と、
予定にはなかったのですが、
ガイドさんが提案して下さった
「ヴュルツブルグ観光」に行きます。


  


キャンプ  国内旅行  海外旅行 おでかけ スキー リンク集