TOP子連れで海外旅行2011ドイツ旅行No.1
                  < No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8

ドイツ旅行
2011.07.29~8.06

6日目 8月4日(木)

【本日の予定】
ミュンヘン市内自由行動
(レジデンツ・ヴィクトア-リエン市場・ドイツ博物館)

朝食はホテルのバイキング。


ホテルの朝食に、ミュンヘン名物の「白ソーセージ」がありました。

白ソーセージは皮に切れ目を入れてめくって食べるそうです。
(皮は食べないそうです)
甘いソースに付けて頂きますが、
私は粒々マスタードの方が美味しいかもと思いました(^^;)
コーヒーはダルマイヤーのコーヒー。美味しかったです。


今日は自由行動の日にしました。
母はゆっくりホテルで、甥は1人で別行動、
私達家族は市内観光に出かけました。

お天気を願っていたのですが、昨日の雨がまだ残っています。
朝食後、まずは市庁舎の仕掛け時計を見るために出発。


ゴシック様式の建築物は何度見ても存在感があり、
ひきつけられるものがあります。

この市庁舎も上れるそうですが、螺旋階段ではなく、
エレベーターがあるそうです!(^▽^)





仕掛け時計まで時間があるので市庁舎の内部に入ってみました。


中庭も素晴らしいです。



ドイツ最大の仕掛け時計(グロッケンシュピール)!
「さぁいよいよ、動き出すぞ~」っとスタンバイ!
・・・・・・
あら?
時間を過ぎたのに動かない・・・
おかしいなぁ・・・
・・・・・・
仕掛け時計が動くのは11時だったのね。
10時と間違えてました。(+_+)

仕方ないので見るのはあきらめて、
「ヴィクトア-リエン市場」


マイバウムが建っているところが市場です。

野菜や果物生肉や魚介類・雑貨などいろんなものが売っていて、
見ているだけで楽しいです。


ドイツ料理に良く使われてるキノコ    レモンを加えてる豚さん・・・(^^;)






次に「レジデンツ」を見学しに行きました。

約500年間ミュンヘンの町を治めてきた、ヴィッテルスバッハ家の宮殿で、
長い年月を費やして築かれたため、
ルネサンス、ロココ、バロック、新古典主義の各様式が
混在しているのが特徴だそうです。
(フラッシュ撮影のみ禁止で、撮影はOKです)

オーディオガイドの無料貸し出しはありますが、
日本語はありませんでした。


「アンティクヴァリウム(考古館)」
ヨーロッパ最大のルネサンス建築の一つ



次から次へとたくさんの部屋があります。






「先祖画ギャラリー」
ヴィッテルスバッハ家の肖像画が121枚も並んでいるそうです。


「レジデンツ宝物館」
かなりの数の装飾品が展示されていました。




「クヴィリエ劇場(旧王宮劇場)」
ロココ様式のとても美しい劇場。






レジデンツ内には100以上の部屋があるらしく、
とにかく広いです。
その上博物館や劇場もあるので、か~なり歩きました。


お昼はガイドさんに教えて頂いた「HAXNBAUER」で。



お店のショーウィンドーには、
カリカリに焼いたお肉が美味しそうに陳列しています。

あのカリカリに焼いたお肉が食べたいのだけれど、
メニューが・・・どれかよくわからない(;_;)

ゴロンと骨付きで食べてる人もいるんだけど、
なんかセットって言うのがあるし、
頼んだら右下のが出てきました。


ちょっとしょっぱめだなぁって思ってたのですが、
帰ってきて調べたら、塩漬け肉をカリカリに焼いてるみたい。

カリカリお肉の付け合せは、
今回の旅行何回目か登場のマッシュポテト。
真ん中のは柔らかい牛肉の煮込みです。


近くにあったダルマイヤーのお店に入りました。
日本のデパートにも入っていますが、
チョコとかコーヒーとかお土産にもいいみたい。






その後、「ドイツ博物館」へ地図を頼りに歩きました。

途中道がわからなくなり、
アイスクリームの若い店員さんに聞こうと思い
「Excuse me」と言ったら、
首を振りながら「I can't speak English.」って言われました。
(英語喋ってはるやん)

ドイツも日本と同じ感じで、
「英語で聞かないで~!」って感じかもしれません。

「若い人なら英会話は大丈夫」って書いてあったので、
大丈夫かと思ったのですが・・・。
こういう私も道を指差して「Museum,OK?」ってくらいですが(^0^)
こう言ったら「Yes」って言ってくれました。


しばらく歩いてやっと到着。
またここの「ドイツ博物館」、恐ろしく広いみたい。
「レジデンツ」で結構疲れたので、一部分だけ見ることにしました。



『ドイツ博物館・・・ドイツ国内のみならず、
世界でもこの方面の博物館として頂点に立つものとされる。
農業、鉱業、航空工学から、鉄道、機械、宇宙に至るまで、
ドイツの科学技術を若い世代に引き継ぎ、学ばせるための博物館で、
敷地面積5万km²。展示品目は約1万7千点以上。
展示は体験型博物館展示の典型的なもので、
子供たちがそのすべてを充分に体験しようとすれば、
少なくとも数日を要すると言われる。』
(ウィキペデイアより)

全部の展示品を見て歩いたら、
17kmも歩くことになるってネットに書いてました。(*_*)








お昼ご飯もボリューム満点だったし(残しちゃったくらい)、
おなかは全然すいてないのですが・・・
ミュンヘンにバウムクーヘンの老舗があるということですので、
食べないわけにはいけません。

お店の名前は「クロイツカム」

いい所まで来ているのだけれど、
お店の場所が全然わかりません。

4人位に聞いたのですが、あっちだこっちだと言われ、
やっとこさ見つけました。

と~にかくおなかいっぱいだったので、各自飲み物と、
バウムクーヘン一つだけ注文。


出てきたのがこちら。
こ~~~んな薄っぺらいバウムクーヘン
見たことありません!

4人で1個しか注文しなかったから、
わざわざ1個を4等分してくれはったのかな?
フォークも4つあるし(^^;)


アイスチョコレートドリンクとアイスカフェラテ

バウムクーヘンは普通に美味しかったですが、
最近は日本でも色々なお店が出してるし、
クオリティも高いので、
本場のは可もなく不可もなく・・・って感じで。

そしていろいろネットで検索してると
「極薄のそぎ切りにするのが本場流です。」って書いてました。
このペランペランが本場流だったのね・・・(^^;)


市庁舎の裏側です





夜は、日本料理{TOSHI」へ。


今回の旅行で和食は3回目・・・(^^;)

でもやっぱりボリュームある料理ばかりではしんどいので、
年のせいかおなかに優しくホッとします。

おなかがいっぱいなので、うどんだけ。
昨日の日本料理の庄屋より、結構価格設定が高めです。


もうひとつミュンヘンで観光にはずせないのが
「ホフブロイハウス」
ツアーなんかにも組み込まれている有名なビアホールです。


雰囲気を味わうために、行ったのですが、もうすでに満席!




座るところないかなぁ~って
店内をウロウロ~っとしたのですが見当たらず、
雰囲気を味わったので、まぁもういいやってことで、
ここに併設されてるお土産屋さんに寄って出ることにしました。

お土産屋さんでは、
ホフブロイハウス「HB」のロゴが入ったジョッキなど、
グッズが色々と売っています。

東京にホフブロイハウスを忠実に再現したお店があるみたいです。
大阪にも出来たらいいのに・・・。


その後、「ドイツに行ったら食べたい!」と思いながら、
まだ食べてなかった「ケバブ」をミュンヘン駅で購入して、
ホテルの部屋で食べました。

ケバブはお肉を入れてくれたあと、
ソースと中の野菜は好みの物をチョイス。
(私はレタスとオニオンだけにしました)


子供とわけっこしましたが、もうお腹がはちきれそう!!

明日の朝は、7時10分の空港バスなので
ほどほどにして引き上げました。


  


キャンプ  国内旅行  海外旅行 おでかけ スキー リンク集