マレーシア旅行(クアラルンプール・ペナン島)2020年2月25日~3月1日 No.3

マレーシア旅行(クアラルンプール・ペナン島)
2020年2月25日~3月1日 No.3

2月28日(金)

朝食

ホテルのビュッフェ

今日はペナン島(Penang)へ日帰り旅行に行きます。朝食レストランのOPENが6:00なので一番乗り!

今日もよりどりみどり♪パンも種類豊富でワッフルにパンケーキにフレンチトーストも!カレーの種類もたくさん!

  • 7:00
    ホテル出発
  • 7:45
    KL CENTRAL駅

    KLIAエクスプレス 往復RM100(2700円)

  • 8:15
    KLIA2駅
  • 8:55
    空港チェックインカウンター締切

    *国内線のチェックイン締め切り時刻は1時間前!20分前に搭乗口
    *あらかじめWebチェックインをしてないと、カウンターでチェックインすると   手数料10RM

空港の売店にもカヤジャムが!
カヤジャム
スーパーで売ったのを家のお土産として購入
どちらもRM3
  • 9:55
    クアラルンプール国際空港KLIA2

    エアアジア AK 6112

  • 10:55
    ペナン国際空港

空港へ到着後、タクシーに乗るならタクシーの受付は混むので早く!
ペナン空港の場合、タクシー料金は定額制なので安心。
ジョージタウン(George Town)までで約RM45(1215円)。

タクシーカウンターで行先を告げ、提示された料金をカウンターで支払い。タクシーカウンターで料金を支払い後、紙をもらって係りの人に見せると案内してくれます。半券はドライバーさん、残りのチケットは自分用控え。

  • ペナン国際空港からタクシー乗車

    所要時間約30~40分

  • 11:30
    ジョージタウン(George Town)着

ペナン島の中心となるのがジョージタウンジョージタウンの歴史的なイギリス統治時代の建築物や街並みは2008年に世界遺産に登録されました。

シティホール(City Hall)

1903年に建てられ、イギリス東インド会社の拠点として使用の後、ペナン市役所に。現在は市議会場として利用されているイギリスコロニアル建築の白亜の建物。

シティホール(City Hall)
コーンウォリス要塞(Fort Cornwallis)

18世紀後半にイギリス東インド会社によって建設された、マレーシアで最大の要塞。

ビクトリア時計台(Clock Tower)

ビクトリア女王の即位60周年を記念し建てられた時計台。

ビクトリア時計台(Clock Tower)
The Jetty Food Court

フードコートでトイレへ。観光時のトイレの場所は、旅行前からあらかじめチェックしておきましょう。

グラフィティアート(壁面アート)アイアンアート

ジョージタウン内の古い建物や壁に描かれた壁画アート。観光スポットになっていて、皆写真を撮りに訪れています。あちらこちらに散らばっているので、全部見るのは大変そう。代表的なものだけ見てきました。

グラフィティアート(壁面アート)
グラフィティアート(壁面アート)
昼食

カフェで

アチェ・モスク (Acheen Street Mosque)

灯台の様な、時計台の様な8角形のモスク。

アチェ・モスク (Acheen Street Mosque)
カピタン・クリン・モスク(Kapitan Keling Mosque)

1801年創建のインド系ムスリム寺院で、1910年に現在のインドムーア様式に改築されたそうです。

カピタン・クリン・モスク(Kapitan Keling Mosque)
  • 16:00
    コムターからタクシー乗車

    夕方は道路が混む時があるらしいので、搭乗時刻の時間に余裕をもって。

  • 17:00
    ペナン国際空港
  • 19:15
    空港チェックイン
  • 20:15
    ペナン国際空港

    エアアジアAK6119便

  • 21:15
    クアラルンプール国際空港
  • 21:45
    KLIA2駅発(空港ターミナル2)

    KLIAエクスプレス乗車

  • 22:15
    KL CENTRAL駅
  • 22:30
    ホテル着

タイトルとURLをコピーしました